주메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단 바로가기

Technology

Ballasting

バラストポンプによって配管に流入したバラスト水が、ECUを通過するに、直接的な電気分解により殺菌消毒されます。消毒されたバラスト水はバラストタンクへ移動しますが、その中に残留している次亜塩素酸が微生物の再生と繁殖を完璧に防ぎます。

De-ballasting

バラストタンク内のバラスト水が排出される前には、残留TROを中和する工程を経て海洋環境へ与える影響を最小化します。Deballasting時には、ECUを通さずにすぐ船外に排出されます。

概要

ECSは、バラスト水が電解槽(ECU)を通過する際に電気的殺菌を行い、残存する酸化剤成分で微生物の再生・繁殖を完璧に防止する一番効果的な滅菌消毒装備です。テクロス独自の電気分解技術は、次の3つの段階を経ることにより完璧な殺菌効果を可能にしました。

  • 電位差(Electric potential)

    ‘Electric potential’とは、酸化作用を促進させる力を言います。Electric potentialは電解質の陽極で発生し、陰極で減少します。この作用により酸化物質が微生物の細胞壁から離れる電子を引っぱり、細胞を不安定にさせる作用をします。これにより微生物の細胞壁を破壊することで消毒作用をします。

  • ラジカル(Radicals)

    様々な種類の塩分を持っている海水は、電極表面で起こる電気化学的反応によりその構造物が壊れます。電気分解を通じて生成されるOH-ラジカルは、10億分の1秒ぐらいのとても短い時間に生成されて消えます。このラジカルはイオンの交換活動により起こる現象に過ぎませんが、それと同時にバクテリアと水中微生物を除去します。

  • 電気化学的酸化(Electrochemical oxidation)

    Electrochemical oxidation作用は電極表面で形成されるHOCI, OCI-, HOBr, Obr-, O₂, H₂O₂の酸化剤によって水中微生物を除去します。

    6~9pHの水には次亜塩素酸(HOCl)と次亜塩素酸イオン(OCl-)が存在しますが、それぞれの種類が持つ割合はpHと温度により異なります。次亜塩素酸は殺生物剤(biocide)のように効果的ですが、次亜塩素酸イオンはたった2秒で微生物を破壊する次亜塩素酸とは異なり、約25~30分かけて同じ効果を表します。同時にHOBrとOBr-も同じように形成されて生物除去に関与します。またオゾンは水中のTHMs構成を減少させるため、塩素の代替として制限的に使用されていますが、過酸化水素は医薬品の殺菌剤や産業用の酸化剤としても使用されます。このような物質はバラスト水の内に残存しながら微生物やバクテリアの再生や繁殖を防ぐのに役立ちます。